様々な環境で活躍できる!保育士の大切な仕事!!

保育園以外でも保育士の仕事があります。

保育士と聞くと一般的には保育園で働くイメージが非常に強いのですが、保育園以外でも保育士の仕事は沢山あります。保育士免許は子供たちの面倒を見ることができる免許なので、子供たちがいる環境で活躍しています。子供たちがいる環境と言っても様々で、色々な施設で保育士が必要とされている重要な役割を果たすことができるでしょう。面倒を見る子供たちの年齢は様々で0歳から対応しますが、成人になった障がい者施設でも保育士の仕事があります。

知的障害児通園施設にも保育士がいます。

知的障害児通園施設では、18歳未満の障がいを持っている子供たちが団体生活を送っています。知的障害児通園施設で働いているスタッフには保育士の免許を持っているスタッフが必要とされています。17歳でも知的障がいを持っていると脳の機能は小さい子供たちと同じなので、保育士免許を持っているスタッフにしか対応が難しいでしょう。知的障害児通園施設で勤務している保育士は発達障がいを持っている子供たちのみになるために、ハードな勤務になります。

美容室でも保育士が活躍しています。

あまり知られていませんが、美容室も保育士が活躍できる環境が整ってきています。美容室で勤務している保育士はお子さん連れのお母さんが髪の毛をカットしている間、子供たちの面倒を見ます。保育園は全てが認可を受けていますが、美容室の場合には無認可なので保育園のように完全な設備が整っているのではありませんが、美容室で子供たちの面倒を見る時間は長くても3時間から4時間程度です。そのために、保育園のように子供たちに生活習慣を指導するのではなくて、お母さんのカットが終わるまでの間、子供たちが安全に遊べるように見守ることが大切な仕事になります。

神奈川県にあるマンパワーは、多くの人材が揃っています。特に、保育士の求人なら神奈川のマンパワーが最高と言われています。