医師の勤務体系に合ったバイトの選び方

病院の勤務医に最適なバイトとは

病院で働く医師の勤務体系の最大の特徴は、1週間から2週間に1回程度の当直があることです。そのためにバイトを探すときには、月間スケジュールを考えながら、スポットで働ける仕事を選ぶのが理想的です。育児休暇の取得などで一時的に医師の欠員が出る病院も多いために、スポットで働ける仕事も容易に探せます。特に通勤時間を重視して地元でバイトの仕事を探す傾向が強いですが、手術などの技能を持つ人であれば、地域を問わずに高収入の仕事を選ぶ人もいます。

クリニックの勤務医に最適な非常勤の仕事

外来専門のクリニックの常勤医師はスケジュールが固定されているので、アルバイトの仕事も非常に探しやすいです。クリニックの勤務医が注目しているのが、総合病院の外来の求人です。規模の大きな医療機関であれば症例も豊富であり、働くことによってスキルを高めることができます。また大学病院などで週に1回程度働くことで、他の医師との情報交換も円滑に行えます。そのために日常的に勤務するクリニックでも、非常勤の仕事で身に着けた技術と知識を生かせるようになります。

将来的に有望な非常勤の仕事とは

ウェブサイトで気軽に求人情報を調べることができるので、今後は医師の人材の流動性が更に高まります。そのために非常勤の仕事も今まで以上に見つけやすくなるので、誰でも収入を増やすことができます。特に求められているのが高度な手術ができる人材であり、循環器系の分野は今後も有望です。高齢化に伴って目の手術への需要も高まっており、白内障の日帰り手術の経験が豊富な人材が強く求められています。また医師の勤務体系の多様化も進んでいるために、アルバイトの仕事は更に探しやすくなります。

医師のバイトは医師免許が必要です。なので、医師の補助などの簡単な業務をすることが一般的となっています。