歯科医師の求人を捜してみて働き腕を上げましょう

歯学部の偏差値が下がっている訳は

かつて、大学の医学部とともに歯学部も難関の学部でした。今でも歯学部は難関ではありますが、かつてほど偏差値が下がってきています。というのも医師は勤務医は多くいますが、歯科医師の場合は、開業して歯科医院をするケースが多いからです。従って、開業したくても資金のない方は就職口が医師の比べて少ないということが歯学部の偏差値が下がって来ている訳です。しかし、複数歯科医師のいる歯科医院もありますし、歯学部を卒業した後に大学院で口腔外科医師に転向する方もいます。

まずは歯科医師を募集している歯科医院を捜しましょう

歯科医師になるには、大学を出て国家試験に合格すれば資格はもらえますが、すぐに患者から信頼される歯科医師になれるかと言えばそのような甘い仕事ではありません。親が歯科を開業している場合は、親の仕事を手伝いながら少しずつ力を付けていくという方法もあります。しかし、そうでない場合は、違う場所で自分の実力を高めて行かなければなりません。大学の付属歯科に勤務できれば良いのですが、人数には限りがありますので、複数の歯科医が必要な大きな歯科医院に勤める必要があります。

まずは、歯科医院に勤めてからが本当の勉強

大学では多くのことを勉強しますし、実習などでも患者さんをみてきましたが、実際に患者さんを自分で受け持つと責任ということが大きく違います。患者さんにとっては、新人もベテランも関係なく、悪くなった歯を痛みがないように治してくれれば良い歯科医です。更に、丁寧でにこやかに接してくれれば、この先生、若いのに良い先生だ、ということになります。歯科医の勤務は朝早くから夜遅くまで。しかも歯科医学も進歩しますので勉強もしなければいけない激務です。いつもやる気を持ってがんばることが大切です。

歯科医師の求人の中でも、大学病院や研究機関などは、最先端の歯科治療の知識を身につけることができ、キャリアアップにつながることが人気の理由です。