世界では当たり前のことが、日本では英語がキャリア?

世界では英語は話せて当たり前

グローバル化が進む今日、共通語とされる英語が必須の企業も増えており、英語が話せなくては仕事にならなくなっています。日本では和製英語が生活に混在しているなど子供の時から英語に親しんで育ってきましたが、受験に対応する英語のみで実際に話せるレベルには至っていません。一般企業では語学力向上がスキルアップに繋がりますが、英語が必須の企業では話せて当たり前の為、英語力はスキルに値しません。しかし、グローバル時代に対応できる高度なビジネス英語になると、社会人としての武器になり転職にも有利となります。

シャイな性格はグローバル社会では不都合

日本人はシャイな性格なため日本語でも思いを伝えることが苦手、言われなくても相手の気持ちを察するという考えは国際社会では一切通用せず、下手でも手振り身振りをしながら英語で話さなくては自分の考えや気持ちを伝えることはできません。日本人は何とかして相手のことを理解しようと努めますが、英語圏の方で多いのは英語は世界共通語として認識しているため、片言の英語を話すと可笑しな人だと思われ相手にされないことは多々あります。

業界の言葉が英語で理解できてキャリアに繋がる

近年、日本では小学校から英語が学べるようになりましたが、英語を学んで吸収しているうちはネイティブな英語からはかけ離れます。英語がキャリアにならない今日、保育の段階で英語を話さなければ国際社会で活躍することは困難、つまり幼児の段階で英語を身に付けないと小学校から大学まで習う英語は無意味になります。日本語でも業界の言葉は難しく、今後ビジネス英語がスキルとして認められるには業界の言葉も英語で理解しなくてはなりません。業界は閉鎖的な社会でもありますが、閉鎖的な社会を打破するくらいの方でないと英語を武器にグローバル社会を勝ち抜くとは出来ません。

英語の転職で成功するには教科書に載るような英文だけではなく、方言やスラングなどの俗語にも精通する必要があります。外国人との意思疎通を明確にするにはあらゆる言い回しを熟知していることが重要な条件です。