産業医をしたいなら知っておきたい!基本的な事柄について

産業医ってどんな仕事?

産業医とは、企業に雇用されている医師の事を言いますよ。一般的に医師とは病院などの医療機関に属していますが、産業医の場合には企業に雇用されている形態が特徴です。仕事の内容は企業の中だけですので、病院とは異なり、不特定多数の患者がいる訳ではありません。企業で働く従業員の健康管理が基本的な仕事の内容になりますので、健康状態の把握や健康診断などで活躍出来る仕事ですよ。企業に雇用されていても安定した収入を見込めます。

産業医にはどうやってなるの?

産業医を目指したい方は多くいますが、基本的には人材の募集を探す事から始まります。産業医の募集とは、意外と多いもので、専門の求人媒介を利用する事によって多くの企業からの募集を見れますよ。企業に雇用される形態となりますので、待遇などは会社によって異なるものです。満足する内容の待遇で働ける職場を見つけましょう。求人を見つけられたら、後は募集をするだけですので、一般的な仕事探しと変わりはありませんが、専門的な資格がありますので採用されやすい傾向にあります。

人気の産業医について

従来では産業医とは内科や外科を専門としている医師が多いものでした。怪我が多い現場系の企業の場合には外科、デスクワークメインの企業では内科とそれぞれ特徴のある会社で働いていました。現在では精神的な病気まで管理出来る産業医が人気となっている傾向がありますよ。うつ病などの精神疾患は多い社会ですので、社員の精神状態の把握を重要視している会社も増加してきました。そのため、産業医の中でも精神を診断可能な医師の需要が高まっています。

産業医の募集とは企業等で職員の健康管理、アドバイスを行う医師の募集のことです。成人病やメタボなど様々な相談にのってくれます。